丸の内AMS株式会社

セキュリティポリシー

1.目的

セキュリティポリシー (以下「本ポリシー」という。) は、丸の内AMS株式会社 (以下「当社」という。) が、情報に対する適切な管理を重要な経営課題として認識し、情報セキュリティを確保するために、情報セキュリティに関する基本方針を定め、遵守することを目的とします。

2.セキュリティポリシーなどの公開

当社は、個人情報取扱い事業者として、顧客情報ならびに会社の機密情報を厳密に取扱い、情報漏えいリスクなどに対して、常に適切な防御措置を講じ、顧客、関係者の信頼を得るよう努め、本ポリシーを社内外に公開し、遵守を宣言致します。

3.適用範囲

当社のすべての従業員、役員および派遣労働者は、本ポリシーを遵守します。

4.情報セキュリティ管理体制

当社は、保有するすべての情報資産の保護および適切な管理を行うため、経営層より、全社レベルの情報セキュリティ管理状況の把握と、分析に従った必要な対策を迅速に実施できる体制を維持いたします。

5.情報セキュリティ対策の実施

当社は、情報資産に係る、不正アクセス、破壊、情報漏えい、改ざんなどの事故を防止するため、適切なセキュリティ組織体制の整備、物理的対策、技術的対策、運用的対策、管理的・人的対策、および事故対応対策を実施してまいります。特に、情報セキュリティが侵害される事象が発生した場合には、早期にその復旧、解決にあたり、当社の事業に対し高い信頼性および継続性を確保します。

6.情報セキュリティに関する社内規定の整備

当社は、本ポリシーに基づいた社内規定を整備し、情報資産の適切な管理を行うための明確な方針・ルールを社内に周知徹底してまいります。

7.情報セキュリティ教育の実施

当社は、全社員ならびに関係者に対して、当社の情報資産の適切な管理を実行するための情報セキュリティ教育・訓練を継続的に実施してまいります。

8.適切な業務委託先管理の実施

当社が業務の全部又は一部を委託する場合には、業務委託先としての的確性を十分に審査し、当社と同等のセキュリティレベルを維持するよう、契約などにより定め、また、セキュリティレベルが適切に維持されていることを確認し続けるために、業務委託先への定期的な監査、管理体制の見直しを実施します。

9.法令などの遵守

当社は、関係法令などの遵守に加え、当社が定めた規定・ルールなどの遵守徹底に努め、違反する行為があれば厳しく対処することにより、適切な情報管理に努力してまいります。

10.情報セキュリティ内部監査の実施

当社は、業務の遂行において情報セキュリティに関する法令や会社が定めた規定・ルールなどが遵守され、有効に機能しているかを検証するため、定期的又は不定期に内部監査を実施していきます。

11.継続的改善の実施

当社が業務の全部又は一部を委託する場合には、業務委託先としての的確性を十分に審査し、当社と同等のセキュリティレベルを維持するよう、契約などにより定め、また、セキュリティレベルが適切に維持されていることを確認し続けるために、業務委託先への定期的な監査、管理体制の見直しを実施します。