丸の内AMS株式会社 私たちは、不動産担保ローンとリースバックでお客様の資金調達をサポートします。

丸の内AMS株式会社

リースバック

リースバックとは
「現金を受け取り、そのまま自宅に住み続ける方法」

リースバックとは

リバースモーゲージが利用できない場合でもリースバックなら資金調達が可能になります。

丸の内AMSではリースバック事業部を設置しており、リースバック専門の担当者が手続きを行います。

リースバックのしくみ

リースバックとは、資金調達のひとつの方法です。

具体的には、自宅を当社(または投資家)に売却し、その代金として現金を得たうえ、賃貸契約をしてそのまま住み続ける方法です。

通常の売却と異なるのは、家賃を支払う形で住み続けることが可能な点、一定期間後に買い戻しが可能な点です。

リースバックの仕組み

また、次のような場合でも、リースバックにより住み続けることが可能になります。

1.税金の滞納により自宅が差押さえされている場合
2.住宅ローンを滞納している場合
3.競売を申し立てられている場合
4.オーバーローン(債務超過)の場合

私たちが債権者(お借入先の金融機関)とのお話し合いを通します。

▶リースバック専門サイトで詳しく調べる

このような方がリースバックをご希望されています

「すぐに現金を手にしたい」
「老後のために資金がほしい」
「住み続けながらローンや税金から解放されたい」
「事業継続のため、事業所・店舗・工場を維持したい」
「税金による差し押さえを解除または清算したい」
「相続でもめたくない」

「家賃の決め方」と「買戻し価格(目安)」

家賃の決め方

家賃 = 売却代金 × 利回り(目安は6~10%) ÷ 12ヵ月
※利回りは売却代金によって変動します。

例)売却代金が900万円、利回りが6%の場合
  900万円×6%÷12ヵ月 = 4万5,000円が月々の家賃となります。

買戻し価格の目安

買戻し価格の目安 = 売却代金 + 売却代金の10% + 諸費用
※諸費用は物件によって変動します。

例)売却代金が900万円の場合
  900万円+90万円(売却代金の10%)+約80万円(諸費用)
  = 約1,070万円が買戻し価格の目安となります。

当社の強み

①リースバックに協力する投資家が多い

大手不動産会社から個人投資家まで約300の法人・個人の登録があり、
リースバックに対して積極的に協力してくださっています。

登録会社、投資家の協力のもと、多くの方がリースバックで住み続けながら資金調達に成功されています。

②あなた専任のリースバックの専門スタッフ

担当する当社のスタッフは、不動産と金融について精通したリースバックの専門スタッフです。あなた専任のスタッフとして、ご希望に沿ったリースバックをご提案します。「こんなこと無理かな・・・」とあきらめる前にご希望をお話しください。その希望を叶えるために一緒に考えていきましょう。

リースバック事業部スタッフ紹介

リースバックのご契約までの流れ

「リースバック」をご希望される場合のステップです。

1.まずは、リースバック専用フリーダイヤルにお電話ください。

【東京・神奈川・千葉・埼玉の方】

 フリーダイヤル 0120-66-2085

【大阪・兵庫・京都・奈良の方】

 フリーダイヤル 0120-22-2085

【受付時間】平日9:00~18:00

※携帯電話・PHSからもご利用頂けます。

2.面談、不動産現地調査

面談をさせて頂き、所有されている不動産の現地調査を行います。

3.賃貸保証会社へ申し込み

審査応諾後、賃貸保証会社へ申し込みをして頂きます。
※別途、保証料が必要となります。(賃料の0.5ヶ月が目安)

4.契約

1~3まで問題なくクリアできれば、最後にご契約となります。
不動産の売買契約と同時に賃貸契約を締結します。

※下記に該当の場合は、対応できない場合があります。

・当該不動産に重大な欠陥や市場での流通性がないと判断された場合
・債権者(金融機関)に対する詐害行為が認められる場合
・賃貸保証会社の保証を得られない場合

住み続けられた実例紹介&お客様の声

坂井様 :「子供のためにも、住み続けることができて本当に助かりました。」

お客様 東京都足立区・坂井聡様(仮名)ご主人様(48歳)、奥様(46歳)、お子さん2人
ご希望 リースバックで住み続けたい
ご相談内容 長年経営した自営業を廃業。サラリーマンになり、収入が大幅に下がったことに加えて、子供2人の学費も重なり、返済が困難に。子供が転校しなくて良いように、なんとか住み続けたい。
売却価格、家賃 ご自宅の売却価格・・・1,300万円 家賃・・・108,000円
解決後のお客様のご感想 当初、私は住み続けることに対して執着が無かったのですが、妻が子供のためにどうしても住み続けたいと強く希望していました。ダメ元で希望を叶えてくれそうな会社を探しました。
何件も断られましたが、今回リースバックというシステムがあると知り、実際に解決できて感謝しております。子供たちも学校を変えずに済み安心した様子です。
本当にありがとうございました。

現金を受け取り、そのまま自宅に住み続けるリースバック

お問合せは無料です。0120-66-4155
ページのトップへ